海外ドラマ

大人版ハリーポッター『マジシャンズ』シーズン1紹介とネタバレ感想

海外ドラマ-マジシャンズ

 

「ハリー・ポッターの大人版みたいなドラマ」という噂を聞いて気になっていたHuluプレミアの海外ドラマ【マジシャンズ】シーズン1を見ました。

ダークファンタジーという雰囲気の作品で、ハリーポッターより登場人物も内容も大人向けです。

今回は【マジシャンズ】について、前半はドラマのあらすじキャラクターなどを解説します。

※後半はシーズン1のネタバレを含む感想です。

海外ドラマ【マジシャンズ】とは?

【マジシャンズ】はこんなドラマ

【マジシャンズ】は原作の世界的ベストセラー小説をもとにVFXと斬新な演出を駆使してドラマ化した作品で、【スーパーナチュラル】のスタッフが手掛けています。

特殊効果もたくさん使われているダークファンタジーといわれていたので、魔法を使うシーンに期待してました!

あらすじ(ドラマの始まり)

クエンティンは密かに、幼少期に読んだフィロリーという魔法の地を巡る一連のファンタジー小説に夢中になっている。それ以外では、彼の日々は全く退屈なものだったが、ある時アップステート・ニューヨークにある極秘で閉鎖的な魔法のためのブレイクビルズ大学に入学を許可され、現代における魔法の実践について徹底した厳しい教育を受けることになる。しかし、魔法は彼が想像していたような幸せや冒険、そして意義を彼にもたらしはしない。彼が友人たちと一緒にフィロリーが実在することを発見するまでは。

出典:Hulu

 

主人公のクエンティンは自分の人生に違和感を感じていて、無気力に過ごしています。

可愛くて優しい幼馴染みのジュリアとは仲良しだけど、彼女には恋人がいます。

そんなクエンティンはある日、魔術を身に着ける才能があるものだけに入学が許されるブレイクビルズ大学院への入学試験を受けることになります。

ジュリアも、不思議なことに同じ場所で試験を受けることに。

そこから彼らの人生が大きく変わっていきます。

最初の見どころ

ドラマの最初の見どころは、ブレイクビルズへの入学試験。

クエンティンは手品が得意で腕も良かったので、入学試験でも魔法のような手品を披露します。

しかしブレイクビルズ大学院が求めているのは『本物の魔法の才能』

その時クエンティンは一体どうするのか?

1話目から謎がいっぱいで、気になるポイントがたくさんあります。

  • なぜ彼らは試験を受けることになるのか
  • ブレイクビルズはどんな場所か
  • どんな魔法を使う人たちが登場するのか
  • フィロリーとは何なのか

マジシャンズは、大人向けドラマ?

ドラマ自体は学園ものっぽくて、ティーン向けの雰囲気です。

しかし大人版のハリーポッターといわれているだけあって、ラブシーンや痛そうなシーンが想像以上に多い。

ティーン向けっぽいのに、大人しか見ない方がいいのでは…?というのが、自分が見た印象です。

現在の海外ドラマは、描写が激しいものも多いですよね。

普段どんなドラマを見ているかによって、全く問題ない人と、大人でも苦手っていう人に分かれそうです。



【マジシャンズ】のキャラクター&キャスト

キャストのブレイクはある?

このドラマを見始めてすぐ気づいたんですけど、キャストに美男美女が多いです。

ちょっと美形疲れするぐらい。

ドラマの人気次第では、キャストの大ブレイクもありそうです。

(実際に海外ではどのぐらい人気があるのか知らなくて…既に人気なのかな)

(上段左から、アリスクエンティンジュリア)
(下段左から、エリオットマーゴペニー)

 

私は若手キャストに疎くて、知っている役者さんがいなかったことや情報が少ないというのもあり、キャラクターとキャストを簡単に紹介してみます。

登場人物と出演者

クエンティン・コールドウォーター (ジェイソン・ラルフ)

普段の生活に居場所がないと感じている。
子供の頃から変わらず「フィロリー」という本に夢中なまま。

ジェイソン・ラルフはブロードウェイでピーターパンを演じてたらしいです。
クエンティンに関しては微妙に冴えない感じが自然!それがまたドラマに感情移入しやすいポイントなのかなと思いました。

 

ジュリア・ウィッカー (ステラ・メーヴ)

クエンティンの幼馴染み。子供の頃は「フィロリー」の世界に夢中だった。学業も順調で恋人がいて充実した生活を送っている。

内気な主人公に寄り添うジュリアみたいな、こんな優しい美女の幼馴染みがずっと傍にいたのね…不幸なオーラ漂わせてるくせにクエンティン、けっこう幸せじゃないか!

クエンティンの幼馴染みジュリア役のステラ・メーヴ(マエブやマイーブと表記することもある)は、ダコタ・ファニング出演の【ザ・ランナウェイズ】に出てたみたいです。

 

アリス・クイン (オリヴィア・ダドリー)

クエンティンのクラスメイトで優等生。兄も生徒だったらしいが、そのことについて秘密を抱えている。

優等生アリス役のオリヴィア・ダドリーは、優等生で冴えないキャラみたいな感じで登場するけど、どう見ても美女。
眼鏡を外したら美少女みたいなベタな展開がなくてもバレバレの美女です。

 

エリオット (ヘイル・アップルマン)

上級生。クエンティンに色々とアドバイス。洗練された貴族のような風貌だが、パーティー好きでいつも楽しめることを考えている。

上流階級風の出で立ちなエリオットと、いかにも遊び好きなお金持ちセレブ風のマーゴは常に一緒にいるパーティー好きの仲良しコンビ

いつも遊びすぎ!と思いつつ、微笑ましい2人です(シーズン2からは一緒に遊んではいられない展開になりそうです)

 

マーゴ (サマー・ビシル)

上級生。いつもエリオットとつるんでいる。パーティー好きで、バカンスやファッションが大好き。

 

ペニー (アルジュン・グプタ)

クエンティンの寮のルームメイト。クエンティンの申し出に協力して「ビースト」の出現に関わり対立していく。

 

ケイディ (ジェイド・テイラー)

ペニーの恋人だが、実は裏である人物と繋がっている。

 

ヘッジウィッチ

あとは「ヘッジウィッチ」という組織が出てきます。これは魔法学校である「ブレイクビルズ大学院」のエリートに対し、その道から外れた者たちによる組織。

その組織で最強の魔術を操るマリナ役のケイシー・ロールも可愛い。
やってることは残酷なのに、お顔はキュート系

 

まあそんな感じで、随分と美しい人ばかりを集めて来ましたな!というキャストが見事に揃ってるのも大きな見どころです。

(それも良いんだけど、実は味のあるもっと個性的なキャラも欲しくなったw)

【マジシャンズ】シーズン1感想 (※ネタバレあり)

いらない斬新なシーン

VFXを駆使した魔法シーンは迫力があって、変わった表現もあり、おもしろいと感じました。

でも戦いのシーンには、そこそこリアルな痛みを感じるような描写もあります。

そういう部分が大人向けドラマといわれる理由でしょうね。苦手な人は注意が必要です。

 

他には、なんといってもラブシーンの多さ。ほぼ毎回あるぐらい。

もうちょっと魔法の勉強しようw

それと、そのラブシーンの数々についても言いたいことがあります。

ラブシーンなのに笑えちゃうってどういうこと。

斬新な演出とかいらないよ…浮くとか怪しげな儀式風とか、毎回飽きさせない!みたいな気合を感じたんだが、違うシーンにその気合を使ってほしい。

第3話まで見て思ったこと

実は3話まで見たところで、一度視聴を脱落しそうになりました。

理由は、想像していた内容とは違ったからです。

私の勝手な想像だとミステリーの要素が多くて、魔術の使い手たちによる緊張感のある魔法対決が見れると思ってました。

よく考えたら学校に入りたてだし、成長過程を見守る時間があるのは当然で仕方がないことなんですが、その見守る時間が歯痒いというか待ってられんという気分になっちゃいました。

学校の異空間度合いも物足りなくて、現実の延長というか郊外の大学に通ってますという感じで、物足りなく感じました。

もちろんドラマに求めるものや好みは人によって違うと思います。

現実感があったほうがリアルに感じられる人もいるかもしれません。

あとはクエンティンたちが入学した時、上級生たちの凄さがあまり伝わってこなくて、クエンティンたちの成長や変化していく様子が想像できない…と思ってしまいました。

第4話を見て印象が変わった(ネタバレ全開)

第3話を見てから少し間が空きまして、「もう1話見てからやめるか決めよう」と思って4話を見始めました。

その感想は

あれ?コレほんとに同じドラマ?
こういうのが見たかった!

でしたw

 

クエンティンの意識の中で繰り広げられる、夢なのか現実なのか本人にすら分からない場面から始まり、精神病院の中で「最初は夢に決まってる」と思いながらも、出てくる人や状況にどんどん翻弄されていきます。

信じたくないけど、本当は自分がおかしくて魔法は全部嘘だったんじゃないか?

魔法の学校なんて存在しなかったんじゃないか?

と、次第に考えが変わりそうになるクエンティン

しかもちょっとしたキッカケで意識内の世界のほころびを見つけて、現実に戻ろうと奮闘します。

そしてそのクエンティンの意識を操っていたのが、なんと、大学からは遠く離れた場所にいるマリナジュリアの仕業だったと分かった時のゾワゾワ感…こういう魔術の駆け引きが見たかった。

第4話を見終わった時には、最後まで見ようと決めました。

今まで「2・3話見れば、そのドラマが好きかどうかなんて分かる」と思ってましたが、次からはもうちょっと見てみようと思います。

でもシーズン1を見終わった感想は、

第4話を超えるエピソードは残念ながらなかったw

シーズン1の終わり方に衝撃(ネタバレ全開)

それでもやっぱり、シーズン2はもっと大きな変化がありそうなので期待しています。

ジュリアが最後に襲われたシーンが、シーズン1の中で一番見るのがつらい場面でした。

いきなり残酷さが増してショックでした。ジュリアがどうなるのか、全く想像できない終わり方です。

エリオットはまさかの展開で、あっさりフィロリーの王になってしまって驚きました。シーズン2が全く違うドラマになることが想像できます。

他のメンバーも、魔術を操る能力や技術がどんどん上がっていくはず。

ヘッジウィッチもこのままでは終わらないでしょう。

シーズン2を既に見ている人には、古い情報ですよね…
Huluでシーズン2が全部配信されてから、まとめて見ようと思っていたら視聴がすっかり遅れちゃってます。

実はこうなるんだぜ~とほくそ笑んで読んでくれてる人がいたら嬉しいですw

▼Huluの海外ドラマ記事

ウェントワース女子刑務所 海外ドラマ
【2018年】Huluで観れるオススメ海外ドラマ作品まとめ Huluは海外ドラマに強いイメージがあります。 私が最初にHuluを利用しようと思った理由も、海外ドラマがたくさん見たかったか...
ヒューマンズ シーズン1 紹介
海外ドラマ【ヒューマンズ】シーズン1解説:家庭用AIロボットがいる日常 Huluで海外ドラマ【ヒューマンズ】シーズン1を観ました。 AIのドラマとしては、Amazonプライムビデオで視聴できる『...