映画

『ターミネーター 新起動/ジェニシス』ネタバレ感想:スピンオフ?

ターミネーター 新起動 ジェニシス

 

実はターミネーターは1と2しか見てないんですが、新起動してるやつをAmazonプライムで見ました。

ターミネーターって全部で何本あるのかな?ぐらいシリーズについて分かってなかったんですけど、調べてみたらこれで5作目らしい。

※感想はネタバレを含むので、注意。

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』作品情報

製作年 2015年
製作国 アメリカ
監督 アラン・テイラー

アラン・テイラーという人は『マイティ・ソー ダーク・ワールド』の監督らしいですが、アメコミ映画が全然分からなくて…

『ターミネーター4』が作られたのは2009年なので、ジェニシスは6年ぶりの新作だったんですね。

シュワちゃんが最後に出たのが2003年の『ターミネーター3』で、12年ぶりに登場らしい。

まあ、どっちも見ていないんですがw

キャスト(キャラクター)

アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800)

今回は色々なシュワちゃんが見れます。1から見てる人は楽しいかもっていうT-800型同士の共演も。

エミリア・クラーク(サラ・コナー)

可愛い系のサラ・コナーになってました。誰が演じるか知らずに見たので、リンダ・ハミルトンとイメージが違いすぎてぶったまげた。

ジェイ・コートニー(カイル・リース)

事実上の主人公かしら。この俳優さんを知らないうえに顔が覚えにくい感じでした(個人の感想)

ジェイソン・クラーク(ジョン・コナー)

2029年なので、中年になったジョン・コナーです。この人が少年カイルを救って、青年になるまで面倒みてたらしい。

イ・ビョンホン(T-1000)

ターミネーター2にも出てきた液体金属で、T-800よりもバージョンアップしてるモデルでしたね。2の時のT-1000のイメージと同じ、ぐにゃーんとなる感じが懐かしかった。

 

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』あらすじ

未来の人類反乱軍のリーダーであるジョン・コナーの母サラ・コナーを歴史から抹消するため、未来から殺戮マシーンのターミネーター「T-800」が送り込まれる。しかし、そこには老いた姿の同型ターミネーターが待ち受けていた。

映画.comより

T-800(シュワ×シュワ)対決と、老いたシュワちゃんが見どころだと分かるあらすじですよねw

 

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ネタバレ感想

2029年から始まる

ストーリーは2029年から始まります。

ターミネーター2で、エドワード・ファーロングが演じてたジョン・コナーが、おじさんになってます

どうやら、新起動の主役(カイル・リース)の命を救ったのがジョン・コナー。

まだ少年だったカイル君を、ジョンが立派な青年に育てあげたとか。

ジョン・コナーに、ターミネーター2の面影が全くなくて、すごい違和感w

可愛い系のサラ・コナー

まずカイル君がサラ・コナーを守るために過去に戻るんですが、キュートなサラが登場します。

演じているエミリア・クラークは『ゲーム・オブ・スローンズ』のデナーリス・ターガリエン役の人です。

リンダ・ハミルトンのイメージが強すぎて、戸惑いを隠し切れません。

キュートで素敵なんですが、違う映画みたい。

しかしシュワちゃん(T-800)の登場で、ああやっぱターミネーターね、と思った。

シュワちゃんを見てザワザワした気分に

そうはいってもシュワちゃんも、すごく似てるモノマネの人に見える瞬間があるんです。

ブルース・ウィリスのマネをするプチブルースって分かりますか。

あの人って、角度とか表情で本物に意外と似てた気がするんですけど。

あの人のシュワちゃんバージョンを見たような気分に…(すみません)

タイムリープとラブコメ

新起動では、主人公カイル・リースが2回タイプリープします。

1回目は、さっき書いたキュートなサラのもとへ。

2回目は、サラと一緒に2017年に。

しかしタイムリープ装置は、なぜか全裸でしか使えない代物。

 

装置対応スーツとか作れないのかな…

タイプリープ装置を作れたのに。

 

しかも2017年に行った2人は、ラブコメっぽいノリでした。

サラ・コナー:タイムリープ中に抱きついたのは、こわかっただけだもんね。べ、べつにあなたに抱きつきたかったわけじゃないもんね。

プンプクリーン。

「・・・・・・・・(見てるオレ)」

サラ・コナーがこんなノリで出てくるなんて、映画を見る前は予想してなかった。

T-800おじいちゃん

2017年でプンプクリン2人を待っているのは、老いたT-800(シュワちゃん)

2人がいなくなった80年代から、長年準備して待っててくれました。

なんでも中身は機械だけど、覆っている表面は老化するらしい。

忘れてたけど、80年代でパート1を思いだすマッチョ全盛シュワとのT-800対決があって、そちらは少しだけ楽しい。

ジョン・コナーの変化に驚いた

未来から来たジョン・コナーも2017年にいるんだけど、人間じゃなくなってました。

気づいてると思うけど、途中から何見てんだかよく分かんなくなってきます。

アクションなのかコメディなのかラブコメなのかSFなのか家族愛なのか

ターミネーターなのかすら怪しい、パロディっぽさも感じたりw

 

ぜひ自分の目で確かめていただきたい。

ネタバレ見たら想像を超えない展開ですけど…

いちおうシュワちゃんの有名なあのセリフも聞けますし、T-800とサラ・コナーの新たな関係性も見れます。

分かりやすい親子愛なはずだけど、一瞬だけ「なんか、いいな」と思ったシーンもありました。

 

補足:ターミネーター6は、新起動/ジェニシスを完全無視して作られるそうです。ターミネーター2の正式な続編だとか。

ジェニシスは、スピンオフとして楽しめばいい映画だったってこと?この情報、見る前に知りたかった!