【マツコの知らない世界】おしゃれで可愛い&面白いスノードームたち

2 min
マツコの知らない世界 スノードーム

1月29日に放送された【マツコの知らない世界】の『自宅に飾りたい!スノードームの世界』

可愛いものから、ダークで面白いものまであり、気になったので調べてみました。

すぐに買えるものから、1点ものまで、部屋に飾りたくなるものばかり。

魅力いっぱいなスノードームたちは、集めだしたらキリがなさそう。

Sponsored Links

PERZY社のスノードームは特別な製法で作られている

マツコの知らない世界では、PERZY(ペルツィ)社のスノードームが紹介されてました。

PERZY(ペルツィ)社は、1990年にオーストリアのウィーンで誕生したスノードームメーカー。

なんと100年以上前からあるんですね!

世界最古のスノードームメーカーの1つらしいです。

ペルツィ社のスノードームは、ただの精製水ではなく、アルプスの雪解け水で出来ているそう。

ゆっくりと雪が舞う作りになっていて、製法は秘密だとか。

番組で紹介された物は、綺麗に舞っていて素敵でした。

番組ではエッフェル塔が紹介されてました。

他にはどんな種類があるのかも、気になったので調べてみました。

シュテファン大聖堂と大観覧車

シュテファン大聖堂と大観覧車のスノードーム。

シルバーにポイントのレッドがシンプルだけど、おしゃれ!

森小屋

こういうジオラマっぽいものも可愛い。

自然とか景色のタイプは、時間を忘れてじーっと見ちゃいそう。

森のサンタ

味のあるサンタさんの顔が良い…!

斜め上を見てるのが気になるw

クリスマスシーズンに飾りたくなる。

クルミ割り人形

こういうおもちゃっぽいのも、可愛いな。

他にも動物とか、クリスマスマーケットなど種類がいっぱいありました。

個人的には、小さいサイズのものを10個ぐらい集めて並べたい。

コレクションする気持ちが分かりました。

日本のスノードーム作家「Ato1snow」さんの作品

マツコの知らない世界では、三本鳥居のスノードームが紹介されていました。

和の雰囲気と大人な世界が素敵です。

▼Ato1snow(アトワンスノウ)さんのtwitter

繊細で物語性があるからか、スタジオではマツコさんたちの妄想が広がっていました。

Ato1snowさんの作品は全て一点ものだそうです。

欲しくてもなかなか手に入らない貴重な作品たちなんですね。

▼こんな面白い作品も!

とんかつ!

Ato1snowさんの作品は、他にも大人向けだけど面白い作品がいっぱいありました。

現代アートのアーティストが作ったスノードーム

ウォルター・マーティン&パロマ・ムニョスの作品

もともと現代アートで知られていた2人組らしいです。

スノードームでも独特の世界を作り出していて有名だそう。

世界中で大人気で、スノードームも直接購入すると30万はするとか。

展示会だと100万円の値がつくことまであるそう。

スタッと降りてるのが、面白いw

↓コレとかどういう状況だろう。

見てると、妄想が膨らんじゃいますね!

ダークでメルヘンな世界と言われているのは、納得です。

日本では横浜で見れたそうです。

アートに詳しい方には有名だったのでしょうか。

作品集もあるらしい!じっくり見てみたい。

作品集はあったけど、やはりお高めでした。

Sponsored Links
カテゴリー:
関連記事