音楽

【関ジャム】Queen(クイーン)の名曲ベスト10ランキングまとめて紹介

Queen クイーン出典:Amazon.co.jp

毎週見ている『関ジャム 完全燃SHOW』

2019年2月10日放送回は、クイーン(Queen)特集でした。

ちょっと遅れたけど、楽しみで録画しておいた番組がやっと見れた…!

解説ゲストには、Queenファンの音楽プロデューサー・本間昭光さん。

そして、なんとTHE YELLOW MONKEYから、エマさんとヒーセさんまで!

超豪華なゲストが、大ファンのQueenについて解説してるのが興味深い特集でした。

今回は、ランキングBEST10の曲をまとめておきます。

完全に自分の備忘録用だけど、興味のある方はぜひ!

【10位】Another One Bites the Dust

 

1980年の曲で、全米1位になったQueen最大のヒット曲だとか!

もともとはアルバム曲だったが、マイケル・ジャクソンの勧めでシングルカットされたそう。

Queenには珍しいブラックミュージックを取り入れた曲として紹介されました。

作詞・作曲:ジョン・ディーコン(ベース/メンバー最年少)

映画『ボヘミアン・ラプソディ』でも、ジョンがリフを弾き始めて曲が完成するシーンがあります。

 

【9位】Somebody To Love

1976年の曲です。

ロックとゴスペルが融合した曲として紹介されました。

作詞・作曲:フレディ・マーキュリー(ボーカル)

映画では、ライヴエイド開始前のシーンで使用されています。

 

【8位】Killer Queen

1974年の曲です。

アメリカでの初ヒット曲(12位)で、この曲を聴くと当時を思い出すファンも多いそう。

作詞・作曲:フレディ・マーキュリー(ボーカル)

上流階級のコールガールを歌った楽曲。

普段は作曲が先だけど、この曲は歌詞から着想したそう。

 

【7位】Bicycle Race

オフィシャルMVが年齢制限がありました。

1978年の曲です。

メンバーたちが自転車のベルを鳴らす音から始まる曲。

作詞・作曲:フレディ・マーキュリー(ボーカル)

フランスの自転車レースを見て思いついた曲だそう。

ツールドフランスでしょうか?

まさに日本では自転車のCMで使われました。

 

【6位】Don’t Stop Me Now

1978年の曲です。

ピアノとフレディの声が見事に調和するピアノロックとして紹介。

作詞・作曲:フレディ・マーキュリー(ボーカル)

ピアノがメインで、後半のソロまでギターの登場がない曲。

映画では、ギターが加わった音源が使用されています。

 

【5位】Radio Ga Ga

1984年の曲です。

「古き良きラジオの時代を歌った名曲」として紹介されました。

作詞・作曲:ロジャー・テイラー(ドラム)

この曲は、Queenファンでもあるレディ・ガガの名前の由来になった曲です。

 

【4位】I Was Born To Love You

情熱的なラブソングと紹介されました。

作詞・作曲:フレディ・マーキュリー(ボーカル)

日本では、人気ドラマ「プライド」の主題歌として有名。

もともとはフレディ・マーキュリーのソロ作品でした。

声とピアノの音を抜き出して、1995年にQueenの楽曲として発表。

 

【3位】Bohemian Rhapsody

オペラとロックを融合させた名曲として紹介。

1975年の曲です。

映画のタイトルにもなった大ヒット曲で、全英チャート9週連続1位。

作詞・作曲:フレディ・マーキュリー(ボーカル)

曲は、アカペラ・バラード・オペラ・ハードロックで構成されている。

 

【2位】We Are The Champions

1977年の曲です。

全英チャート2位。

作詞・作曲:フレディ・マーキュリー(ボーカル)

MVは、Queenのファンクラブが招待されて撮影。

 

【1位】We Will Rock You

1977年の曲です。

足踏みと拍手の音から始まる曲。

映画でも楽曲の制作過程が描かれています。

作詞・作曲:ブライアン・メイ(ギター)

ブライアン・メイ曰く「この曲は夢で浮かんだ」とか。

MVは、ドラムのロジャー・テイラー宅の裏庭で撮影されているそう。