映画

【邦画】おすすめ時代劇コメディ9選!笑える泣ける日本映画

時代劇コメディおすすめ

『時代劇コメディ』は歴史に基づいた話から、人物以外は完全にファンタジーな話まで様々な作品があります。

今回は様々なタイプの時代劇コメディの中から、9作品を厳選してご紹介いたします。

歴史に詳しくなくても楽しめる作品が多いので、ぜひ気軽に楽しんでみてくださいね。

のみとり侍

時は江戸時代中期、第10代将軍・徳川家治の治世、老中・田沼意次の政策により世にカネがあふれ賄賂が横行した時代。越後長岡藩の生真面目なエリート藩士・小林寛之進は、藩主・牧野備前守忠精が自作の歌を詠む歌会に出席するが、些細な理由による失言で藩主の怒りを買ってしまう。逆上した藩主は寛之進に「猫ののみとりになって無様に暮らせ!」と命じたのだった。

のみとり侍 – Wikipedia

実は”のみとり”の実態は、女性のお相手をする裏稼業で…という話。

ちょっと大人向けの作品なので苦手な人もいるかも。

主演の元エリート侍・寛之進に阿部寛。

最初の客となる、おみねに寺島しのぶ。

寛之進に技を伝授する・清兵衛に豊川悦司。

共演は斎藤工、前田敦子、風間杜夫、大竹しのぶ、松重豊など。

原作は小松重男の短編集「蚤とり侍」です。

created by Rinker
¥2,500
(2020/03/30 12:27:10時点 Amazon調べ-詳細)

超高速!参勤交代

元文元年春、磐城国の湯長谷藩は徳川八代将軍吉宗の治める江戸幕府から、通常8日かかる道のりにも関わらず突然5日以内に参勤交代をするよう命じられる。湯長谷の金山を手中に入れようとする老中・松平信祝(陣内孝則)の策略によるものだった。

超高速!参勤交代 – KINENOTE

無理難題を乗り越えようと奮闘する様子に目が離せない作品。

お人好しだけど正義感が強い藩主に、佐々木蔵之介。

藩主を慕う魅力的な武士たちに西村雅彦、寺脇康文、柄本時生など。

キャラクターがよくて会話も面白いので、コメディが好きな人におすすめ。

created by Rinker
¥300
(2020/03/30 12:27:11時点 Amazon調べ-詳細)

人気作品で続編もあります。

created by Rinker
¥2,000
(2020/03/30 12:27:12時点 Amazon調べ-詳細)

のぼうの城

戦国末期。天下統一を目前に控えた豊臣秀吉(市村正親)は、最後の敵、北条家に大群を投じていた。周囲を湖で囲まれ“浮き城”の異名を持ち、人々が平穏に暮らす“忍城”に対し、秀吉は2万の軍勢で落とすよう、寵愛の家臣・石田三成(上地雄輔)に命じる。忍城の侍たちに緊張が走る中、農民や子供たちと楽しそうに戯れる侍、成田長親(野村萬斎)がいた。城主・成田氏長(西村雅彦)の従弟で、智も仁も勇もないが人気だけはある不思議な男。領民からは“でくのぼう”を意味する“のぼう様”の愛称で呼ばれ、皆に慕われていた。

のぼうの城 – KINENOTE

忍城は500人の軍勢しかなく、どう見ても勝ち目がないなかでどう戦うのか。

少数が大群へ立ち向かう話はよくあり、こういう話はどんな作戦があるかが見どころだと思います。

今作の主人公は本当にでくのぼうなのか?実は切れ者なのか?

のぼう(野村萬斎)の正体がなかなか掴めないところが面白いです。

共演は榮倉奈々、佐藤浩市、山田孝之など。

犬童一心と樋口真嗣の共同監督作品です。

created by Rinker
¥300
(2020/03/31 01:08:38時点 Amazon調べ-詳細)

引っ越し大名!

姫路藩書庫番の片桐春之介(星野源)は、人と話すのが苦手で、いつも書庫にこもり本ばかり読んでいた。ある時、藩主の松平直矩(及川光博)が、幕府に姫路から豊後(大分県)の日田への国替え(引っ越し)を言い渡される。度重なる国替えで藩の財政事情は苦しい上に、減封も決定。全ての藩士とその家族全員で移動するという、参勤交代をはるかに上回る莫大な金額が必要な一大事業の成否は引っ越し奉行の手腕にかかっているが、前任者はその激務が原因で亡くなっていた。この重大な役目の白羽の矢が立ったのは、春之介だった。

引っ越し大名! – KINENOTE

人数が10,000人、移動距離が600kmで予算がなし!という無理難題に奮闘する話。

監督は「のぼうの城」「ジョゼと虎と魚たち」の犬童一心。

脚本は「超高速!参勤交代」の土橋章宏。

「超高速!参勤交代」シリーズが好きな人にはぜひおすすめしたい作品。

春之介(星野源)の幼馴染みに高橋一生。

共演は、高畑充希、及川光博、ピエール瀧、松重豊など。

created by Rinker
¥3,218
(2020/03/30 16:20:14時点 Amazon調べ-詳細)

殿、利息でござる!

江戸中期。仙台藩は財政が厳しく、重税にあえぐ百姓や町人たちの破産と夜逃げが後を絶たなかった。小さな宿場町・吉岡藩もすっかり寂れてしまい、造り酒屋の主・穀田屋十三郎(阿部サダヲ)は町の行く末を案じていた。そんな中、知恵者の菅原屋篤平治(瑛太)がある秘策を打ち出す。それは、大金を藩に貸し付け、藩から利息を得るというものだった。

殿、利息でござる! – KINENOTE

困窮を抜け出すため水面下で資金を集め、お上に貸し利息をもらおうと思いつくが…という話。

前代未聞のアイデアですが、なんと当時の町人達の記録に基づいているそう。

吉岡宿の人間模様で話の展開が変わっていくところが見どころです。

阿部サダヲ、妻夫木聡、竹内結子、千葉雄大、山崎努、羽生結弦などが出演。

created by Rinker
¥2,500
(2020/03/30 16:20:14時点 Amazon調べ-詳細)

清須会議

1582年の清洲会議(清須会議)を題材にした、三谷幸喜監督の作品。

▼清須会議について。

天正10年6月の本能寺の変において、織田家前当主織田信長は京都で家臣の明智光秀の謀反で自害し、信長の嫡男で織田家当主であった織田信忠も二条新御所で切腹した。光秀は山崎の戦い後の逃亡中に討たれ、織田家後継者及び遺領の配分を決定することを目的に、尾張国清洲城(愛知県清須市)で開催された。

清洲会議 – Wikipedia

織田家内部の勢力図が大きく変わったといわれている清洲会議(清須会議)。

歴史に少し興味があるコメディ好きな人におすすめ。

登場人物の駆け引きも見どころです。

出演者は、役所広司、大泉洋、佐藤浩市、浅野忠信、中谷美紀、天海祐希など。

created by Rinker
¥300
(2020/03/30 12:27:13時点 Amazon調べ-詳細)

駆込み女と駆出し男

鎌倉にある東慶寺は、江戸幕府公認の駆込み寺だった。離縁を望む妻がここに駆け込めば問題解決に向け動く拠り所だった。駆け込んだからといってすぐには入れず、まずは御用宿で仔細の聞き取りがされる。御用宿の柏屋に居候する医者見習い兼駆出しの戯作者・信次郎(大泉洋)は柏屋の主人・源兵衛(樹木希林)とともに、様々な事情を抱えた男女のもつれをほどき、女たちの再出発を支えていく。

駆込み女と駆出し男 – KINENOTE

時代背景に詳しくないので前半は少し難しいと感じましたが、後半に話が繋がり一気に惹き込まれました。

少しだけコメディっぽいやり取りがある点に見やすさを感じましたが、好みが分かれそう。

駆込み寺へやって来る女性に満島ひかり、戸田恵梨香など。出演者もよかったです。

本能寺ホテル

何の疑いもなく流れに任せながら日々を過ごしてきた倉本繭子(綾瀬はるか)。勤めていた会社が倒産し、あての無い生活を送っていたところ、付き合って2年の彼氏・吉岡恭一(平山浩行)からプロポーズをされる。周囲からも薦められ、流されるままに婚約した繭子は、恭一の両親の金婚式の祝賀パーティに出席するため京都を訪れる。しかし、予約していたはずのホテルは繭子の手違いで泊まることが出来ず、途方に暮れた繭子がたどり着いたのは、路地裏にひっそりと佇む“本能寺ホテル”だった。「ようこそ、本能寺ホテルへ」と出迎えた支配人(風間杜夫)に導かれるように、繭子は不思議な世界へと迷い込む……。

本能寺ホテル – KINENOTE

繭子(綾瀬はるか)が訳の分からぬまま、本能寺ホテルと1582年の本能寺を行き来することになります。

ストーリーが完全なファンタジーなので、割り切って見ることができる人は楽しめるかも。

繭子が出会う織田信長に堤真一。

共演は、濱田岳、平山浩行、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫など。

created by Rinker
¥400
(2020/03/31 01:08:39時点 Amazon調べ-詳細)

猫侍

時は幕末、かつて「百人斬り」の呼び名で畏怖された剣豪・斑目久太郎は、今はしがない浪人に身をやつし、貧乏長屋で傘張りを生業として食いつなぐ日々を送っていた。そんな久太郎に「猫を斬ってほしい」という奇妙な依頼が舞い込んでくる。依頼主は「犬派」の一派・米沢一家の若頭で、敵対する「猫派」相川一家の親分が飼う愛猫を暗殺してほしいという。久太郎は大金の報酬につられて引き受ける。

劇場版 猫侍 – Wikipedia

剣豪が猫に魅了されてしまうところに笑っちゃいますが、猫好きだと共感してしまいますね。

侍と猫という組み合わせが面白いなと思います。

もともとはローカルドラマでしたが、その人気から映画化。シリーズ化している作品です。

created by Rinker
¥330
(2020/03/30 12:27:15時点 Amazon調べ-詳細)

▼他のシリーズはこちら。

ドラマ「猫侍」(2013年)

ドラマ「猫侍 SEASON2」(2015年)

映画「猫侍 南の島へ行く」(2015年)

スピンオフ作品のスペシャルドラマ「猫侍 玉之丞 江戸へ行く」(2016年)も制作されています。