映画

【随時更新】怖いけど見たい!ホラー映画オススメ作品(まとめ一覧)

ホラー映画オススメ作品まとめ

私はホラー映画や怖い映画全般が苦手です。

大人になった今でも、怖い作品を見た後は夜中にトイレに行くのがちょっと怖くなったりしますw

でも怖いもの見たさってありませんか?

本当はコメディが好きなくせに、怖い映画をつい見ちゃう時があるんですよね。

本記事のタイトルでは”オススメ作品”と謳いつつ、苦手な作品も込みで、怖かった映画の中から印象に残ってる作品をまとめてみます。

こんな人間がまとめたので、ホラー好きの方には物足りない内容だと思いますが、、、

私みたいな「本当はコメディが好きだけど、たまには怖い作品も見たい」という方はぜひ!

不思議な雰囲気を持つ優等生『エスター』

エスター 動画配信 感想
  • 2009年公開
  • 製作国:アメリカ

2人の子供を持つ夫婦が、養子を受け入れることを決めます。

不思議な縁を感じて家族に迎えることを決めた子がエスターです。

エスターは「少し変わり者だけど、賢くて良い子」に見えます。

しかし次第に変な出来事が増えていって…という話です。

B級っぽいチープな部分もあるので、そのおかげでまだ見れました。

ネタバレして良い映画なんてないですが、特に結末を知っちゃうと台無しな話なので、気になったらサッと見ちゃうのがおすすめです。

 

2作目以降が見れない『ソウ SAW』

ソウ 動画配信 感想
  • 2004年公開
  • 製作国:アメリカ

シリーズ化してる人気作品ですよね。

私は激しい描写が苦手なんで、当然のようにパート1しか観てないですw

密室に理由もわからず閉じ込められて、謎の人物に無理難題を命令されます。

1回しか見てないのもあると思うんですが、ショッキングな内容で衝撃的なシーンしか覚えてない…

密室を利用して緊張感を生み出すアイデアが凄くて、心理的にもキツくて、鑑賞後は疲れました。

シリーズものはなるべく続きも見ようって思うんですが、2以降は予告編だけで疲れたので、多分これからも見ませんw

 

ちょっと笑っちゃった『アメリカンサイコ』

アメリカンサイコ 動画配信 感想
  • 2000年公開
  • 製作国:アメリカ

ニューヨークで暮らす容姿端麗な20代のエリートが主人公です。

主人公を演じるのは、役作りが徹底し過ぎててヤバイと有名らしいクリスチャン・ベールさん。

エリートたちがひしめく中で、完ぺき主義の主人公が劣等感やストレスを感じる度に殺人への欲望を抑えきれなくなります。

そして衝動のままに犯行を重ねてく主人公。

80年代後半が映画の舞台で、主人公が80年代音楽について語りまくるシーンがあります。

なんか全部が極端で、笑えてしまう不思議なコワイ映画でした。

 

学園ものホラー『スクリーム』

スクリーム 動画配信 感想
  • 1996年公開
  • 製作国:アメリカ

本サイトで紹介したこともある大人気だったシリーズ作品

本記事の中だと、一番明るい雰囲気の作品ですね。

ティーンが主人公なので、アメリカの学園ものが好きな人にオススメです。

90年代の雰囲気も味わえるので、当時に興味がある若い方もぜひ。

友達と集まって一緒に見るのも楽しいかもしれません。

ドリュー・バリモア、コートニー・コックスなどが出演しています。

 

秘密を知られた若者たち『ラストサマー』

ラストサマー 動画配信 感想
  • 1997年公開
  • 製作国:アメリカ

高校最後の夏に、仲良しな4人が誤って事故を起こしてしまいます。

1年後に「去年の夏の事件を知っている」と謎の人物から手紙が届く…というストーリー。

「スクリーム」と同じ脚本家の作品で、「ラストサマー」も人気がありました。

ジェニファー・ラブ・ヒューイットが可愛いと日本でも少し人気になりました。

他にはサラ・ミシェル・ゲラーライアン・フィリップなどが出演しています。

私が大好きな人気ドラマ『ビッグバンセオリー』のレナード役・ジョニー・ガレッキも出演しているらしいけど、全く覚えてないです…

ちょい役かな?もう一度ちゃんと確認してみたいですね。

 

不気味でゾワゾワする『シャイニング』

シャイニング 動画配信 感想
  • 1980年公開
  • 製作国:イギリス

ジャック・ニコルソンのポスターの顔が有名な作品ですね。

小説家志望のジャックが家族を連れて、コロラド山中にあるホテルに管理人としてやって来ます。

冬の間は閉鎖されるホテルで、奇妙な現象が起きるようになって…という話。

不気味なホテルの雰囲気と、謎の現象や人物、ジャックニコルソンが変わっていく様子が怖いです。

 

密室から脱出を試みる『キューブ』

キューブ 動画配信 感想
  • 1997年公開
  • 製作国:カナダ

男女6人が謎の立方体の空間に閉じ込められています。

脱出しようと試みますが、部屋の中には無数のトラップが仕掛けられている…という話。

とてつもない緊張感で、手に汗握る作品です。

難解な暗号を解かないと出れないことが分かったり、6人のキャラクターの性格によっておかしな展開になったり。

完全な密室なので逃げ場がなく、心理的に追い詰められていくのでハラハラします。

 

モーテルに泊まれなくなる『サイコ』

サイコ 動画配信 感想
  • 1960年公開
  • 製作国:アメリカ

女性(ジャネット・リーさん)が物凄い表情で叫ぶシャワーシーンが有名です。

途中までは、女性の逃亡劇かなと思ってしまいます。

モノクロの映像がより怖さを増させている気がしました。

サイコを見たので、アメリカのモーテルには一生泊まりたくないですw

主人公(ノーマン・ベイツ)の幼少期を描いたドラマ『ベイツ・モーテル』が数年前に製作されていました。

ノーマン役は『チャーリーとチョコレー工場』のチャーリー役だったフレディ・ハイモアくんらしい。気になる!

 

ブラピとモーガン・フリーマンが相棒の『セブン』

セブン 動画配信 感想

  • 1995年公開
  • 製作国:アメリカ

ブラッド・ピットモーガン・フリーマン共演の作品。

映画の内容は、キリスト教の『七つの大罪』をモチーフにした連続猟奇殺人事件を描いたサイコサスペンス。

見た後に暗い気分を引きずってしまうような映画でした。

モーガンさんは1週間したら退職する刑事で、ブラピは若手の血気盛んな刑事です。

事件を追う刑事2人は好きでした。

冷静なベテラン刑事と熱血な若手刑事というよくあるコンビですが、この2人だとそれだけじゃない深みを感じます。

ブラピの奥さん役は、グウィネス・パルトローです。

映画と関係ないけど
グウィネスさんは実生活で、この後ブラピと婚約→破局してたまげました。

 

やっぱりレクター博士が怖い『羊たちの沈黙』

羊たちの沈黙 動画配信 感想
  • 1991年公開
  • 製作国:アメリカ

アンソニー・ホプキンス演じる天才精神科医レクター博士
ジョディ・フォスター演じるFBI訓練生のクラリス

2人の緊張感あるやり取りには、釘付けになってしまいます。

シリーズ化されている映画(ハンニバルなど)もゲイリー・オールドマンやジュリアン・ムーアなど出演者は豪華ですが、やっぱり最初のこの作品が一番怖いです。

ドラマ化もされていますが、設定が現代になっているとかで見ていません。

でもドラマもシーズン3まで制作されたらしいので、面白いのかもと少し興味が湧いています。

 

たまにはホラー作品も

今回は少ない作品を振り返ってみて、自分の好みが少しだけ分かりました。

激しい描写は控えめで、サスペンス要素が強めな作品なら見れそうだということ。

ホラーにも色々なジャンルがあるようで細かい違いが分からないので、これがあってるかは謎ですが…w

最近は海外ドラマ『ウォーキング・デッド』を見ているおかげか、ゾンビものは見れるようになってきました。

コワイもの見たさでついホラー映画を見ちゃった時は、また本記事を更新します!