映画

映画【ボヘミアン・ラプソディ】をネット動画配信で見る方法:感想や評判まとめ

ボヘミアンラプソディ(C)2018 Twentieth Century Fox

2018年に劇場公開され、大ヒットを記録した映画【ボヘミアン・ラプソディ】

映画をきっかけにクイーンにハマる人も続出してるようです!

何度も劇場に足を運んだ方も多かったようで、応援上映も大好評みたいですね。

私は劇場に見に行けなかったので、動画配信で見る予定です。楽しみだ~♪

今回は自分が鑑賞するために調べた【ボヘミアン・ラプソディ】を見る方法をまとめてご紹介いたします。

NEW!

配信が始まったので、視聴する方法を画像付きで追記しました!

鑑賞したい方はぜひチェックしてみてください。

最速で【ボヘミアン・ラプソディ】の動画を見る方法

ブルーレイ&DVD発売日と同じ日にデジタル配信が開始されます。

2019年4月17日(水)です。

大手サービスだとU-NEXTTSUTAYAプレミアムGYAO!ストアなんかで見れるみたいです。

今すぐ視聴する方法を画像付きで解説!

配信が始まったので、視聴方法を追記しますね!

今回の解説は大手配信サービスのU-NEXTで見る方法です。

【1】『U-NEXT』にアクセス。

【2】「無料トライアルで今すぐ観る」をクリック。

ボヘミアン・ラプソディを見る方法

【3】トライアルの特典内容を確認して、「次へ」をクリック。

ボヘミアン・ラプソディを見る方法

【4】ステップ1で、情報を入力して「次へ

【5】ステップ2では、無料期間がいつまでかが確認できます。

無料期間内に解約すれば料金が掛からないので、トライアルだけ利用したい方はメモしておきましょう。

【6】必要事項を確認して「送信

【7】もらった600ポイントを利用して『ボヘミアン・ラプソディ』を視聴する。

▼ステップ2でクレジットカード情報を入力する理由はこちら

  • 有料コンテンツを利用したい方もいるため
  • U-NEXTが気に入ってそのまま有料会員に自動更新する方もいるため

ボヘミアン・ラプソディを見た後も、無料期間内なら9万本以上の見放題対象動画が見れます。

70誌以上の雑誌も無料で読み放題ですよ!

(本記事の情報は2019年4月18日時点のものなので、最新情報は公式サイトをご確認ください)

\初回31日間無料/

ボヘミアン・ラプソディを見る無料期間内の解約で料金は掛かりません。

 

映画の衣装はブライアン・メイらの本物も!

気になるニュースを発見しました。

リンク先のニュースによると、
ブルーレイ&DVDの特典映像の中で裏話が明かされているらしい。

「Keep Yourself Alive」が流れる映像では、衣装担当のジュリアン・デイが「ブライアン・メイの家で衣装を見せてもらっていたら、“貸してあげるよ”と言われた」と告白。メイは「幸い衣装は保管してある。“見においで”と誘った」と話し、ロジャー・テイラーは「“自由に見てくれ”とね」とニヤリと口元をゆがめる。テイラーを演じたベン・ハーディは「ド派手な衣装だ」とぶっ飛び、メイに扮したグウィリム・リーは少年のように瞳を輝かせながら「本物だよ。背中にスケルトンのディテールが入ってる」と語るなど、本人たちの衣装が作品に力を与えた様子を述べている。(出典:eiga.com)

すごい話です。

本物を身に纏ったら、そりゃあテンション上がりますよね!

他の映画でこういうことってあるのでしょうか。

映画で貸し出せるぐらい、昔の衣装もずっと大事に保管されていることが素敵です。

まあでも、そりゃあ、そうか…博物館レベルですもんね。全てが貴重品ですよね。

映画を鑑賞する時、衣装も凝視しようと思いますw

【ボヘミアン・ラプソディ】の感想・評判は?

映画の情報を調べていたら、作品を見た感想や評判がたくさんありました。

めっちゃ見たくなる感想!

関ジャムのクイーン特集を見てから、特に楽曲制作の裏側やライブシーンが見たかったんです。

queen クイーン
【関ジャム】Queen(クイーン)の名曲ベスト10ランキングまとめて紹介 毎週見ている『関ジャム 完全燃SHOW』 2019年2月10日放送回は、クイーン(Queen)特集でした。 ちょっと...

エンドレスで見れるほどのライブエイドが気になりますね~

42回目とは…マジですか。すごすぎる!!

応援上映って行ったことないんですけど、どんな感じなのかな。私は置いてかれそうな気がする…

だから家でひっそりと、動画配信で見るのですw

ちなみにアーティスト4人が見た感想も見つけました。

『ライヴ・エイド』の裏話もあって読みごたえあります!

プロのミュージシャンが見ても、ライブの再現がすごいそう。

ライブシーンで終わる音楽映画の中でも最高だという意見まで出ていました。